病院に行っても治らないお体の痛み、ご相談ください ぎっくり腰、ひざ痛、背中痛等

皆様こんにちは!

 

グリーン整体院 平田寛和です。

いつもブログをご覧いただきまして

ありがとうございます!

 

 


ここ最近とても多いのですが

「ぎっくり腰で病院に行ったのに

 痛み止めの薬とシップしかくれずに

 痛みが全く改善しなかった」

 と当院に来院されるお客様が

 とても増えています。

 

 

このような事は決して珍しいことでは

ないのですが、病院での診察や治療が

 悪いわけではないのです。

 

できる処置の違いが治療効果の違いに

なってきていると考えています。

 

病院では画像診断(レントゲン等)を行い

その情報をもとに

痛み止めやシップなどの処方をします。

骨折などであればギブスなどで固定をして

治癒をさせていく対処療法が一般的です。

状態が重症の場合は手術などによって

治療を行います。

 

 

病院での治療効果が高いのは

 

・軽い症状の方(軽い炎症程度)

 

・かなりの重症

 

(骨折、重度な椎間板ヘルニア、強いシビレ)

 

このような方は効果的なのですが

軽症と重症の間の方の治療に関しては

なかなか効果が出せないことが多いです。

※もちろんしっかりと治してくれる

  病院もあります。

 

従いまして、中程度の症状の方は

当院が得意とする領域になってきます。

それはなぜかと言いますと軽症も含まれますが

中程度までの症状の方の原因のほとんどは

筋肉に原因があるからです。

 

歪みは骨の位置がずれることで起こりますが

こちらも結果的に筋肉に引っ張られることで

歪みが生じますので、筋肉の施術を行えば

矯正されます。

※骨を直接動かして歪みを矯正し

  筋肉を緩めることもあります。

 

ですから、ぎっくり腰のような症状の場合は

痛みは強いのですが手術するまでではないため

病院での治療では痛み止めやシップなどを

処方する対処療法になってしまうのです。

 

結果的に根本的な治療にならず、痛み引かずに

苦しんでしまうのです。

 

ぎっくり腰の場合は当院では

筋肉を弛緩(緩める)させ歪みを矯正します。

適切な処置を行えば、その場で痛みは

50%~70%程度は軽減します。

 

その後、時間を空け過ぎずに何度か施術を

続けていけば痛みを感じない程度までは

回復することは十分可能です。

 

ただし、

状態によっては痛みの改善程度に

個人差が生じることがあります。

また、場合によっては再度病院の治療を

進める場合があります。

 

病院でできることと

当院でできることについて

今回ブログを書かせていただきましたが

病院での治療を決して批判をしている

わけではありません。

 

どのような職業でもそうだと思いますが

物事には得意分野と不得意分野があり

ぎっくり腰のような症状の場合は

整体が得意分野でありますので

施術効果が出しやすいのではないかと

考えています。

 

お客様からは

「ぎっくり腰になってどこに行って良いかわからなかった」

とのお話がとても多くありましたので

今回このようなテーマとさせていただきました。

 

ぎっくり腰だけではなく、お身体の不調で

どの治療機関にみてもらったらよいか

わからない場合は一度ご相談いください。

より治療効果の出やすい提案をできると思います。

もちろん問い合わせは無料です!!

 

最後までブログをご覧いただきまして

ありがとうございました!

 

ほぐしの専門店 グリーン整体院
福岡県北九州市八幡西区黒崎3-8-22
黒崎駅前グリーンビル1F
093-776-9545

 

今日も元気に営業中!!

 

☆新規の方限定キャンペーン☆
「ブログを見た」とお申し出いただくと
全メニュー20%OFF!!

 

ホームページ・フェイスブックをチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

グリーン整体院ホームページ

 

グリーン整体院フェイスブック

 

グリーン整体院口コミサイト