貧乏ゆすりで足のムクミや冷えが改善する!?

皆様こんにちは!

 

 

 

グリーン整体院 平田寛和です。

 

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます!

 

 

 

今回のテーマは貧乏ゆすりと足のムクミ・冷えの関係についてです。

 


私は子供のころに、貧乏ゆすりをしていると

 

行儀が悪いからやめなさいと何回も怒られていたのを覚えています。

 

確かにはたから見ると、あまり気持ちの良いものとは言えませんよね

 

しかし、最近の研究で貧乏ゆすりはとても身体によいものだとわかってきたのです。



(1)ふくらはぎの筋肉を動かす

 

貧乏ゆすりする時はふくらはぎの筋肉を使います。

 

それにより血流が改善し、リンパの流れもよくなります。

 

また、ふくらはぎは第2の心臓ともいわれておりますので

 

足だけではなく身体全体に良い影響をもたらします。

 

・冷え性

 

・ムクミ

 

・足痩せ

 

・免疫力強化

 

・代謝アップ(ダイエット効果)

 

r="#0000ff">・疲労回復

 

このように様々な良い効果が期待できます。

 

特に女性の方は気のなるところが多いですよね!



(2)膝関節の病気にも効果がある

 

加齢にともない膝の痛みを訴える方が多くなってきます。

 

そんな方にも貧乏ゆすりは効果があるといわれています。

 

貧乏ゆすりの動きは医療現場ではジングリングと呼ばれ

 

膝の痛みや変形などに効果があると実際の医療現場で

 

治療として用いられています。

 

膝が痛くなるとその膝に極力負担をかけないようにしてしまうと

 

思うのですが、それが逆効果だったりする場合があります。

 

理由としましては、膝の負担が極端に減ってしまうと、

 

関節液と言われる膝を保護する体液が補充されなくなってしまう

 

恐れがあるからです。

 

また、関節を適度に動かしてあげると、ずれてしまった骨などが

 

ただしい位置に戻ってくる、身体の構造上の習性を使用している

 

と考えられます。



それ以外にも

 

・下肢静脈瘤

 

・エコノミークラス症候群

 

このような症状にも効果があると言われていますので

 

今回の熊本地震で避難所生活を余儀なくされている方が

 

お知り合いにいらっしゃいましたら是非とも教えてあげてください。



(3)リズム運動でセロトニン分泌

 

人は一定のリズムを刻んだり、音で聞いたりすると

 

セロトニンと言われる幸せホルモンが分泌されて

 

精神が落ち着くといわれています。

 

先生が黒板に文字を書く時の音電車などの音や揺れなどの

 

一定のリズムを感じていると眠くなった経験はありませんか?

 

それこそがセロトニンが分泌させている証拠なのです。

 

そのまま寝てしまった時の心地よさは幸せそのものですよね(笑)

 

また、セロトニンの分泌が少なくなるとうつ状態になりますので

 

うつ状態の改善にも効果があるといえます。

 

※うつ病が治ることを保証するものではありません。




このように貧乏ゆすりについてみてきましたが

 

今回の内容は参考になりましたでしょうか?

 

身体に良いとは言え人が多いところなどでは

 

あまり良くみられませんので場所や時間を選んで

 

貧乏ゆすりを試してみてはいかがでしょうか!



最後までブログを読んでいただきありがとうございました!




ほぐしの専門店 グリーン整体院
福岡県北九州市八幡西区黒崎3-8-22
黒崎駅前グリーンビル1F
093-776-9545

 

 

 

今日も元気に営業中!!
GWは休まず営業!!!

 

 

☆新規の方限定キャンペーン☆
「ブログを見た」とお申し出いただくと
全メニュー20%OFF!!

 

 

 

ホームページ・フェイスブックをチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

グリーン整体院ホームページ

 

グリーン整体院フェイスブック

 

グリーン整体院口コミサイト