お腹の奥の筋肉が硬くなると生理痛や便秘を引き起こす!?

皆様こんにちは!

 

 

 

グリーン整体院 平田寛和です。

 

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます!

 

 

 

 

 

今回はお腹の奥にある

 

大腰筋生理痛・便秘の関係についてです。

 

 

 

 

 

ひどい生理痛や便秘に悩まされている女性の方必見!

 

その悩み、大腰筋に原因があるかもしれません!

 

大腰筋の主な働きは

 

・歩行の際に足をあげる動作

 

・姿勢の維持

 

インナーマッスルと言われる筋肉の一つです。

 

 

 

この筋肉は、上記の画像のように

 

腰の骨から骨盤を通り、太ももの骨に付着しているのが

 

みてわかると思います。

 

 

 

この筋肉が収縮し硬くなってくると

 

骨盤の動きに制限がかかってしまうのです。

 

画像を見ると何となくイメージできますか?

 



 

人は疲れがたまってくると大腰筋を硬くすることで

 

身体のバランスを取ろうとします。

 

 

 

また、食生活も影響しまして

 

暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、辛い物ばかり食べる、

 

コーヒーの飲みすぎなど胃腸や肝臓に負担をかけすぎると

 

大腰筋は硬くなってきます。

 

 

 

よく歩いていると何もないところで、つまづいて

 

転びそうになった経験はありませんか?

 


それは、ひょっとすると大腰筋が硬くなり

 

足がうまくあげれずに、起こってしまっるかもしれません。

 

 

 

 

 

どこの筋肉や関節もそうですが動くことによって

 

血液循環が良くなり、本来ある力を発揮したり

 

自然治癒力も高まります。

 

 

 

骨盤の内側には内臓や女性であれば子宮がありますので

 

この骨盤の動きが悪くなることで、子宮や卵巣に血流障害が起こり

 

生理痛がきつくなったり、妊娠しづらい身体になる可能性が

 

高まります。

 

内臓も同様で、内臓への血流障害により便秘や冷え性などの

 

症状を引き起こしてしまう可能性が高まるのです。

 

 

 


また、この筋肉の機能低下は腰痛も引き起こします。

 

 

 

腰の施術ではこの筋肉に触れることは

 

とても重要で、特にぎっくり腰などを頻繁に起こす人は

 

この筋肉がガチガチになっているケースは多々あります。

 

 


腰痛の場合はキツイところを緩めることで

 

一時的に楽になりますが、大腰筋に原因がある場合は

 

ここにアプローチをかけないと根本的な解決にはなりません。



では大腰筋を緩めていくには

 

どのようにしたらよいのでしょうか?

 

その答えは腰を積極的に動かす事です。

 

特に腰痛もちの方に多いのですが

 

「腰を動かすのが怖い」とおっしゃられます。

 

しかし、勇気をもって腰を動かすことで

 

血液循環・骨盤の動きが良くなっていきますので

 

生理痛・便秘・腰痛も改善に向かっていきます。

 

腰を動かす治療法はエビデンスも取れています。

 

※エビデンス=医学的根拠

 

※※動かしすぎには注意してください。

 

自分でセルフケアを行いながら

 

整体などで筋肉を緩めたり、歪みを正すとより効果的です。

 

もちろん当院でも対応しております!

 

ご不明点などがありましたら、ご遠慮なくお問合せください。

 

あなたの心と身体の健康はグリーン整体院にお任せください!



ほぐしの専門店 グリーン整体院
福岡県北九州市八幡西区黒崎3-8-22
黒崎駅前グリーンビル1F
093-776-9545

 

 

 

今日も元気に営業中!!

 

☆新規の方限定キャンペーン☆
「ブログを見た」とお申し出いただくと
全メニュー20%OFF!!

 

 

 

ホームページ・フェイスブックをチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

グリーン整体院ホームページ

 

グリーン整体院フェイスブック

 

グリーン整体院口コミサイト